スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魅惑のアラビアントリップ☆~ドバイモール編~

ドバイといえば、免税!だそうで。

ショッピング目的でドバイに来る人もかなり多いみたいです。

今回3日目より宿泊したホテルは、ドバイモール近くだったので、夜ご飯を食べたりなんだり。。。で、ちょくちょく遊びに行っていました☆

ドバイ一の集客率を誇る、ドバイモール!

東京ドーム23個分の、世界最大級の広さ!

デパート、ショップ、レストラン、カフェ、スパ、エンターテイメント施設など約1,200店舗が出店!!

というわけで、一日では遊びきれない規模なのです

IMG_6254.jpg

外観写真が撮れなかった。。

高級ブランドショップもズラリ、ズラリ。

BUYMAで人気のブランドもたくさん!(どうしてもそういう目線に。。。)


IMGP1900.jpg

モール内は3階建て。

写真には写ってないけど、クリスマスを過ぎてもモールの中はクリスマスムード一色でした(笑)

IMG_1334.jpg

スケートリンクもあります

ドバイモールから少し離れたところにあるエミレーツモールの中では、なんとスキーができます

エンタメはこの他にも。。。

IMG_1338.jpg

子どもたちがリアルな『職場体験』をできる、キッザニアや


IMG_1345.jpg

映画館


IMG_1341.jpg

セガのゲームセンターもありました


IMG_1343.jpg

日本の機械だ~~~~

テンションがあがります(笑)

わたしも旦那さんもいわきにいるときは、よくよくUFOキャッチャーにすぐコインを投入するほどゲームは好きなので、なんだか日本のゲーム機がこうやって活躍しているのは誇らしく思えたりします(笑)


IMG_6269.jpg

また、ドバイモールで有名なのが水族館。

水族館に入場しなくても、水槽の一部がこんな感じで鑑賞できるようになっています

水槽の周りは常に人でいっぱい

この水槽の中で、シュノーケリングもできるようです


IMG_6255.jpg

紀伊国屋書店です。

日本語の書籍は置いてませんでしたが。。。

英訳の漫画は、入口にめいっぱい陳列されていました

見つけられなかったけど、ダイソーも入ってるんだそうな☆



迷子になりそうなほど広い、フードコートには、世界中のチェーン店やレストランが出店していました

IMG_6256.jpg

お昼ゴハンを食べたお店。

Sugoi!(笑)

ありがちな、どこかのアジア人がやっている日本食やさん。。。

IMG_6258.jpg

えび天+ライスの弁当を注文。

。。。ライスでなくヌードルがコラボしてた


そして、ドバイモールでわたしが絶対に行きたいと決めていたところが、ここ。


IMGP2072.jpg

レインフォレストカフェです

日本では、ディズニーリゾートに併設された舞浜イクスピアリに、唯一のお店が入ってます

料理が特別おいしい!!ってわけじゃ、決してないんですが。。。(;'∀')

とにかくコンセプトと内装にわくわくする


IMGP2078.jpg

顔がパンパンですが(笑)

熱帯雨林をテーマにした内装は、時にスコールが降って雷が鳴ったり(雰囲気)、ゾウやサルが動き出したりと、なんとも小さな子供にはトラウマになりそうな仕掛けが盛りだくさんなのです(笑)

日本のレインフォレストカフェも、熱帯魚が泳ぐ水槽がありますが、ドバイのレインフォレストカフェは、先ほどの水族館の水槽を店内から鑑賞することができました。


IMGP2091.jpg

大好きなカエルのキャラクター、チャチャ



余談ですが、このドバイモールに来ているお客さんの数も半端じゃないので、タクシー待ちの人数もものすごいです。
。。。。が、あっという間に乗れます。

タクシーの数も、半端じゃありません。


IMG_6270.jpg

ただ、運転は荒いので、クラクションはずっと鳴りっぱなしですが。。。


そんな感じで、ドバイで過ごした6日間はあっという間に過ぎ去り。

今回初めて、持って行ったデジカメの充電が切れました(笑)

できるだけたくさんの発見や感動を残したい!!って思って、行く先々でシャッターを切ったけど、撮った写真を見てもいつも思うのは、本当の景色には叶わないな。。。

そんなことを痛感させるドバイでした。



ドイツに戻ると、寒い寒い現実世界に引き戻されたかのようでした。。。(笑)

IMG_6276.jpg

車もスロープをあがれず。。

しんしんと雪の降りしきる中を、空っぽの冷蔵庫の中を埋めるべく、2人歩いてスーパーに。。

初めてのドイツでの年越しは、あったか~いお家で冬ごもり状態でした


外の騒がしさで目を覚ますと、時間は31日の23:50。

新年を祝う打ち上げ花火が、近所のあちこちで打ち上げられていました

IMG_6294.jpg


さて、今年は何をしようかな。
スポンサーサイト

魅惑のアラビアントリップ☆~サファリとスーク編~

アラブ旅行記4日目。
この日は早朝より、予約していたサファリツアーに参加してきました。

本当なら、砂漠でラクダに乗りたかった
わたし、ずっとラクダに乗ってみたくて、いつか鳥取に行って砂丘でラクダに乗ろう!と思っていたので(笑)、砂丘ではなく砂漠のラクダに乗れるなんて。。。
。。。って、一瞬ものすごく興奮したんですが。。。
よく考えたら、今のわたしにはかなりの危険行為でした

そんなわけで、マウンテントレックツアーに決定いたしました

IMG_1380.jpg

ツアーは車(もち4WD)単位。
同行したのは、英国のおじいちゃんブラザーズ

ツアーで向かう先は、ハッタという村にあるハジャール山脈。
ここに、湧き水でできた天然のロックプールがあり、スイミングができるとのこと
ネットの画像で見たら、エメラルドグリーンの神秘的なプールでしたわくわく。

車を走らせて30分。
途中で寄ったところに、ちょっとした体験スポットがありました。

IMGP1960.jpg

最初に目が行ったのは、ラクダ~
ふぅ、どっこいしょ
って、顔してますよね
ここでは、ラクダ乗り体験ができるのですが、悩んだ挙句。。。。やっぱり断念
いいんだ。鳥取にもラクダはいる。

IMG_1386.jpg

おじいちゃんたちはラクダ乗りに挑戦。
ラクダって、かなり大きい!
乗った時の高さは馬より全然高いです
きっと眺めもいいんだろうなぁ~~。

IMGP1964.jpg

奥の砂漠エリアでは、バギーで広大な砂漠を走り回れます。
楽しそうだけど、ガタガタな砂漠のドライブも妊婦NG。。。

IMG_1389.jpg

道のない、果てしなく広い砂漠。


ぷらぷらと歩いていると、野良とおぼしきにゃんこを発見。

IMG_1387.jpg


何匹かドバイでネコを見ましたが、シュッとした顔をしていて、毛も短くスリムでとってもスマートさん。

IMGP1967.jpg

すごいスフィンクス顔!(笑)
他のネコもこんな顔。
すごく人懐っこくて、撫でるとずーっと甘えてかわいかったです
道端で出会う動物が人懐こいと、その国でとてもかわいがられている、大切にされていると感じます。
日本のネコは、目が合っただけでも猛スピードで逃げたりしますよね


車は再びハッタに向かいます!
途中一度オマーン領に入るので、国境で警備兵にパスポートを提示。
ここがかなり厳重体制で、みんな迷彩服に銃を装備していて、時間もかかるしめっちゃ怖かった。。。(笑)

無事ハッタ入りし、最初に寄ったのがハッタ・ヘリテイジビレッジ。
4億円以上かけて再現した、16世紀のオアシスの村だそうですが。。

IMG_1403.jpg


いわき市暮らしの伝承郷みたい。。。。。
って感じでした(笑)


IMGP1983.jpg


こんな感じで、家屋の中には当時の様子を表現する人形や説明が描かれているのですが、これはこれで石炭化石館を思い出し。。。(笑)

ゆる~~~~く楽しんで(笑)、車は最終地点のハジャール山脈を目指して発進。

ちなみに、アラブのドライバーの運転は、激しく荒いです(笑)
よくぶつからないなってほどに、すごい勢いで割り込むし、スピードもすっとばします
砂漠ドライブは避けたけど、オンロードも変わんないんじゃないか。。?って思いました


IMG_1409.jpg

ハジャール山脈のロックプールに到着
見渡す限り、岩、岩、岩山。。。。

IMGP1998.jpg

写真で見たより、あんまりブルーじゃなかった。。けど、澄んでいてすごくキレイな湧き水

旦那さんもわたしも、もちろん気合いを入れて水着着用で来ました

が!!!!しかし。。。。。

冷たい。。。冷たすぎる。。。。。(笑)

足だけ入って、うん、やめよう。そう思いました。

こういうところあきらめの悪い旦那さんは、ど根性振り絞って入水してきました
ナイスファイト

IMG_1411.jpg

夏場50℃を超えた時には、そりゃあ気持ちいいだろうなぁ~~~、と思います。

ガイドのおじさんは、冷たくないよ!!気持ちいいのに

と、もったいないと言わんばかり。

IMG_1418.jpg

ここには、頭からお腹まで真っ赤なトンボがたくさん飛んでいました!

水がキレイってことですよね


IMG_1419.jpg

帰りは、ハッタ唯一のリゾートホテルで4人でお昼ゴハン。

ご同行の英国ブラザーズは、お二人で世界中あちこちを旅しているんだとか。
北京発のアジアクルーズの旅で、長崎にも行ったそうです。
でもわたしたち長崎行ったことないし。。。その話は特に発展を遂げずに終了(笑)


帰りの車では、早朝からの出発+食後で、みんな頭が舟を漕ぐ。。。。


無事ホテルに戻り、休憩を挟んだのち、夕方からスークに行ってきました

スークとは何ぞや

スークとは、小さな店が軒を連ねるアラブの伝統的な市場のこと。
ドバイには、代表的な大きな3つのスークがあります。
金を扱うゴールドスーク、香辛料を扱うスパイススーク、パシュミナなどの衣料を扱うテキスタイルスークです

IMG_1427.jpg

最初に来たのは、スパイススーク


IMG_1431.jpg


見たこともないスパイスが、いーーーーーっぱい


IMG_1433.jpg


これらはすべて、量り売り。

わたしはスパイス、アレルギーがあるし、あんまり興味がないので冷やかし。。

しかし、スークの商人たちは甘くはなかった。

「アナタ、トテモキレイデスネ!」
「ヤスイヨ、コレミテ~」

フレンドリーすぎる店員に反応したら最後。

「ダメヨ~ダメダメ!!」
「バイガエシダ!」
「ナンデヤネン!」
「コレ、バラマキミヤゲ~!」
「カワイイデショ~」

囲まれて絡まれる(笑)
変な言葉を教えるんじゃないよ、日本人観光客。。。!
めっちゃ楽しそうに絡んでくるアラブ人。
わたしも面白すぎて、笑いが止まらなかった。。。。
こういう日本人が、おそらくいいカモなんだろう。

しかし、わたしの旦那さんはその手には乗らない。

しっかりと電卓を奪い取り、叩き合いの大接戦。
結果、よくわからんナッツを買った。
。。。。いらない。
結局カモられた。(笑)。


続いて行ったのは、ゴールドスーク

IMG_1438.jpg


こちらは、ゴールドスークの中でもひときわ大きなお店の中。


IMG_1441.jpg


入ってるお店は、上階含めてすべて、こ~んなにある!!


IMG_1439.jpg


現在の金の価値と、売値を比較する旦那さん。
仕入れるって言われたら却下しようと、生温かい目で見守っておりました。。。


IMG_1444.jpg


これぞ、金の延べ棒


IMGP2029.jpg


こんな感じで、ジュエリーも所狭しと売られています

言っても、とても日本人に似合うような物ではないので、ウィンドウショッピングのみ。
それでもかなり歩き回り、ゴールドスークを後にしました。

IMGP2039.jpg

ドバイクリーク(川)の対岸に、もう一つのテキスタイルスークがあるので、木造の渡し舟アブラで移動

手すりも何もないので、落ちてもなんの不思議もない、ロマンチックでスリリングな舟(笑)

たくさんの舟がひっきりなしに出航しています

片道1ディルハムです。安いっっっ!!!

ピカピカの夜景に夜風が最高の乗り心地でした


テキスタイルスークの様子は、スパイススークとほぼ同じだったので省略します(笑)


それにしても、みんなふつーに日本語できててびっくり。
日本人だと知った時の集中攻撃は、どこを歩いても本当にすごかった。。。(笑)
もちろん、決して悪い人たちなわけではないから、わたしはスークの明るさはとても好きだし楽しかったです
ただ、ノーと言えない日本人にはちょっぴりつらいだけで。。。(笑)
その点旦那さんは非常に強いので、わたしが一目惚れしたラクダの置物を、かなりお値打ち価格で値切ってくれました

rakuda.jpg

次回で、アラブ旅行記を締めくくります

魅惑のアラビアントリップ☆~ドバイファウンテン編~

3日目の朝。
朝は力が入らないタケダ家は、スタバのドリンクを片手にビーチをお散歩。

お昼のチェックアウトで、タクシーに乗りますが、おじさんとっても話好きで、アラブやドバイの色んな話をしつつあちこち寄り道してくれました☆

ほどよい時間にホテルに到着。
この日から3日間泊まったのは、ホテルデュシタニというタイのホテル。

IMG_1331.jpg

朝食つきだったのですが、なんと毎朝タイカレーが並ぶ
無類のタイカレー好きのわたしは、毎朝カレーばっかり食べてましたうまし!
海外のホテルのいいところは、朝食のビュッフェがとても豪華なところ。
これだけでも十分楽しみになります

この日はお昼ゴハンがまだだったので、ホテルのタイ料理レストランで腹ごしらえ。
(もちろんここでも迷わずカレーを食す)

その後は、夕方から世界一の規模を誇る、ドバイモールに行って参りました。

。。。が、こちらは後半の記事で、まとめて写真をアップしたいと思います

この日の一番の目玉は、夜を彩る光と大迫力の噴水ショー、ドバイファウンテンでした
立ち見は絶対に頑張れないと思っていたので、あらかじめテラス席のあるレストランで予約をとっておきました

IMG_1348.jpg

ショーの開始時間が差し迫るとともに、ドバイモールの出口も激混み!!
夜の10時くらいまで、大体30分おきぐらいにショーが行われます。

IMG_1349.jpg

すぐ横には、世界一高いビルのブルジュハリファ。
まだ暗くなり始めなのであまり光っていませんが、近くより遠くから見た方が、キラキラしてキレイでした

IMGP1914.jpg

この水辺でショーを見に集まっている感じが、わたしとしてはディズニーシーをめちゃめちゃ彷彿とさせました(笑)

端を超えた先にある、スークアルバハールというレストランメインの小さなショッピングモールへ。

IMG_1352.jpg

予約していたのは、mango treeという日本にもあるタイ料理やさん。
そう、またタイ料理(笑)

IMGP1941.jpg

さすがにこの時はカレーはやめておきました
写真は、旦那さんチョイスのお魚と、タイヌードルのパッタイです

ゴハンを食べていると、突如として盛大に音楽が流れ始めました。
レストランのお客さんもバタバタと席を立ち、一斉にカメラを向けます!
わたしも無言で真っ先に場所確保(笑)

[広告] VPS


感動です
もっと上から全体を見渡せたらキレイだろうな~~と思っていたのですが、間近で見られるのもかなりの迫力。
右に見える、キラキラした建物がブルジュハリファです。

この後はクラシックで演出。
その次は、誰もが知ってるマイケルジャクソンのスリラー。

すごいのは、水と光だけでも多才な表現ができること。
音楽に合わせた演出が本当に素晴らしかったです

[広告] VPS


こちらはMJ版。

歩き疲れたこともあり、のんびりゴハンをしていたら、なんだかんだで4回のショーを見ることができました
後悔しないほど、充分堪能した

レストランを出て、ちょうどスーパーが入っていたので寄ってみました☆

IMG_1368.jpg

『ここはあったかい国です感』が非常によく伝わる入口(笑)

IMG_1370.jpg

野菜の並べ方がおもしろい。

IMG_1369.jpg

パンコーナー。
アラブの通貨はディルハムですが、5ディルハム=1ユーロくらい。
クロワッサンが3ディルハムとなっていますが。。。大体100円しないくらいでしょうか。
日本円への換算の間に、現在の生活基盤のユーロを挟むのでややこしいです。(笑)

IMG_1372.jpg

お惣菜コーナー。
至って、ドイツもとより日本とあんまり変わらない感じです。


このスークアルバハールの中で、どうしても旅行中にゲットしたかったものを手に入れました

それが、こちら。

IMGP2096.jpg

色づけした砂漠の砂で、アートを描いたボトルです
空の瓶に少しずつ、色の違う砂を入れていき、細い棒で砂を引っ張り絵を描きながら詰めていきます。
飾られた見本から、好きな色合いやサイズ、入れたい文字などをリクエストすることができます

[広告] VPS


器用だー職人芸だー

写真は、わが家オリジナルの制作風景。
ものの10分くらいで作っちゃうんですよ!

IMGP2101.jpg



そして、出来上がった作品がこちら。

IMG_6250.jpg

とってもきれいな夕焼けを描いてくれた~~~
らくだがめっちゃかわいい
家宝にします

翌日につづきます

魅惑のアラビアントリップ☆~アトランティス編~

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

昨年中に、もう一回更新できれば。。
と思っていたのですが、バタバタと追われるように新年を迎えてしまいました

ニューイヤームードもすっかり落ち着いて、またいつもの日常が戻ってきた感じがしますね
ドイツでは、街中のあちこちでいまだクリスマスの面影が残っていますが(笑)

さて。
前回の日記にもちらっと書いておりましたが、年末に一大ビッグイベントがありました。
子供が生まれたらもう旅行も身軽に行けないねってことで、どこか今までにない刺激的な旅行先を考えていたのですが、決まった旅は初の中東!アラブ首長国連邦!!そう、ドバイでした

調べれば調べるほど、見たことのないもの、未知、新しいもの、色んなものがドバイには詰まっていて、本当にずーっとワクワクして過ごしていました

ドバイ、本当に期待どおりの素敵なところでした。
世界中のいい物を集めた、これぞまさしくインターナショナル。
ある物も、来る人も、世界各国さまざま、色とりどり。。。

なかなか行けるところではないので、しっかりたくさん、写真に収めて参りました
ので、ドバイにあった色んなものをぜひぜひレポートしたいと思います(*‘∀‘)


出発は24日
フランクフルト空港を朝10時頃出発して、現地到着時間は夜19時。
行きの飛行時間は6時間強で、ドイツとの時差は3時間です

なんといっても、楽しみはこのフライトから始まりました。
搭乗したエミレーツ航空の機内サービス評価は高く、業界でも権威あるアメリカのOAG(Official Airline Guide)によるエアライン・オブ・ザ・イヤーなど、数々の賞を受賞している、そうで。。。

まず、CAさんはめっちゃ美人さんが多かった
帰りのフライトの時は、添乗するCAで16ヵ国語をカバーしているとのこと
すげぇぇぇ。。
写真を撮ってなかったのが悔やまれますが、機内食は今まで食べた中で一番おいしかったです

IMG_6179.jpg


日没とともに暗くなった機内で、星空のように煌めく天井

エンタメもかなり充実。これにはびっくり!!
日系の飛行機なんかよりも、日本語のエンタメがはるかに充実していました。

さて、今回は5泊6日の旅ですが。。。
最初の2泊を滞在したのは、こちらのホテル!

IMG_6184.jpg


アトランティスザパーム・ドバイです!
イッテQで特集されていたのを見て、泊まれるものなら泊まりたい。。。。。。。。と、2人で一大決心した、貴重な2泊です(笑)

スクリーンショット (14)


位置的にも、なかなかぶっとんでいます。
パームジュメイラという人工島に建っているのですが、この人工島も、世界中のセレブたちが別荘やら経営ビルやらを持っているそう

IMGP1640.jpg


到着したホテルの部屋からの写真です。
マヨルカっぽいけど、決定的に違うのは、どこまでも煌びやかな夜景。。。。ここがドバイなのか。。!!って感じです。

時間も遅いので、早々に夜ご飯を食べに行きます。
この日予約したレストランはインターナショナルのビュッフェで、中華、アジア、インド、アラブ、北米、そして日本など、かなりバラエティーに富んでいました。
サラダやデザートも色んな国のものがあり、食べたいものを絞らないとすぐ食べきれなくなる勢い

IMG_1244.jpg


でも、わたしは寿司、寿司、寿司!!!
ひたすら寿司!(笑)
これが、めっっっっちゃおいしかった
ヨーロッパの寿司なんかくらべものになんない。
むしろ、大好きなかっぱ寿司よりもおいしかった!!!

IMGP1656.jpg


かわいかったデザートビュッフェ
スペインぽい、グミ風のお菓子と、奥に見えるのはチョコレートフォンデュ。

IMGP1657.jpg


こちらはアイスクリーム

IMG_1240.jpg


ミニケーキも、ズラリ!!!!

わたしは、アイスだけ食べました。
デザートより寿司がいい

ドバイのホテルやレストランスタッフは、本当に接客が素晴らしい。
テーブル担当以外のウェイターさんや、シェフ、支配人らしき人なども、お客さんを常に見ていて、料理はどうですか?とか、笑顔で話しかけてくれます
本当に、素敵な時間を過ごしているという気持ちになれます!
フレンドリーなシェフのおじさんから、サンタ帽をもらいました。デザートは旦那さんチョイス。

IMG_1245.jpg


この帽子のおかげで、ホテル内で「メリークリスマース」と浮かれてる人々から声をかけられました(笑)

ホテルの中もかなり広く、スパやフィットネス、スキューバ施設を始め、水族館や高級ブランドショップ、それにスタバやコールドストーンもありました

IMGP1662.jpg


水槽の一部が、フロアからも見られます。
スイートルームは、この水槽を眺めながら過ごせるらしい。。。
すごいけど、ちょっとこわいよね。(笑)



翌日、気温は最高26℃!

IMGP1685.jpg

朝早くから水遊びを楽しむ人々。。。でも、入水するにはちょっとだけ寒いかな(>_<)

この日、まずはパームジュメイラと本土を結ぶモノレールに乗って、景色を見てくることに。

IMGP1688.jpg

モノレール駅から撮った写真。
ホテルの隣に、大型ウォーターランドが併設されています。

IMG_1268.jpg

いざモノレールに乗車!
昨夜は暗くてあまり全体が見られなかったホテルも、ようやくその姿を拝むことができました

IMG_1269.jpg

街中に入るとこんな感じ!
どこを見ても新しい。
高くそびえたつアパート(と思われる)の棟々。

IMGP1709.jpg

右側に見える、ヨコハマコンチネンタルホテルのような建物は、バージュ アル アラブという7つ星ホテルです。
7つって!!!
後日の移動で、街中をタクシーのおじさんが案内ドライブしてくれて、目の前まで行ったのですが、真っピンクのリムジンが入っていってビビりました(笑)なんでも、ロシアのマフィアの方たちで予約がいっぱいなんだそうな。。。

IMGP1708.jpg

ビーチと高層ビルの不似合いな景色が、まさにドバイって感じです。

今後、モノレールはあちこちに接続されていくようですが、今はまだ終着駅まで4駅ほど。
終着点も降りてみたものの、観光地というより開発中といった感じだったので、ほどなくしてすぐ折り返しました。

ホテルに戻って、先ほどのウォーターランドへ。

IMGP1743.jpg

こちらと水族館は、ホテル宿泊者は無料で利用できました☆

IMGP1760.jpg


流れるプール!
ハワイアンズなんか比較にならないぐらい(笑)、緩急があったり、コースも途方に暮れるほど長かったり、のんびりしながらもかなり遊び応えがあります。
監視員もフレンドリー

IMGP1740.jpg

こどもたちにはたまらない遊び場。

IMG_1281.jpg


この施設の超目玉ともいえる、ウォータースライダー。
イッテQではイモトが滑ってました。
ほぼ落ちるように滑り、サメが泳ぐ水槽をくぐり抜けるのですが、あまりにも早すぎて怖すぎて、サメなんか目視できないらしいです(笑)旦那さん体験談です(笑)一回で懲りたよう。。。
妊婦はNGでした

IMG_1280.jpg


こちらは、真っ暗闇の中猛スピードで滑った最後に、水槽の中をゆっくり流れるスライダー。
めっちゃ怖いけど、スリルとそのあとの癒しの空間が癖になります!

IMG_1288.jpg

施設のはしっこはビーチになってました。


IMG_1294.jpg



歩くのには広い敷地なので、ひっきりなしにカートが走っています!
イルカと触れ合えるアクティビティがあるので、お利口さんなイルカを見にそのエリアへ移動

IMG_1299.jpg


5グループくらいに分かれ、それぞれ調教師とイルカを囲んで色んな芸を教えてもらってました。
これは、最後にみんなが集まって、お世話になったイルカたちにお別れをしているところ。
イルカに乗るの、めっちゃ気持ちよさそうだった
なんて健気で力持ちで、愛らしい生き物なのだろーか。。。

夕方になると日差しも弱くなり、少しだけ肌寒いくらいに。。。
ホテルに戻って、ゴハンを食べてから水族館も行ってきました

IMG_1302.jpg


だいぶ、魚は見飽きてきた。。。(笑)

こんな感じで、憧れのアトランティスでの2日間はおしまい。
何よりわたしにとっては、おいしい寿司が食べられたことが最高でした

ドイツ・パン事情。~とにかくパンがあればいい~

12月です。
2014年もいよいよカウントダウンてところですね。。
今年の年末年始は日本に帰らないので、なんだかあの『バタバタ師走感』が恋しいなって感じです。

さてさて、本日は写真てんこ盛りです。
たまには、ドイツのレポートをきちんとしてみようと思います(笑)

ドイツにはありとあらゆるところに、パン屋さんがあります。
どこの街に行っても、初めて行った場所でも、
「パンでも食べよ!」
と思えば、すぐに買えると言っても過言ではない。
日本のコンビニの数と同じかそれ以上に、ドイツのパン屋さんはめちゃくちゃ多いです。
最近、今までになくよくパンを買うので、街のパン屋さん事情を紹介してみようと思います。

IMG_6051.jpg

そんなわけで、今日も朝から買い物に出かけたわけですが、いやー寒い寒い。。。
今週は5℃以下の日が続く予報で、週末は雪マーク出てましたけど、どうなることやら。
いつもの買い物コースの坂をえっちらおっちら、白い息を吐きながら登ります。。。
春にはベビーカー押してこの坂を登ると思うと、非常に気が重いです(苦笑)

IMG_6053.jpg

まずひとつ目のパン屋さんは、この坂を登りきったところにあります。
とても小さなパン屋さんで、午後1時には閉まる模様。
あまり品揃えも多くはないので、買い物帰りにどうしてもエネルギーが切れそうって時に、よくここで買って食べ歩きして帰ります(笑)
(一応言い訳ですが、ドイツでパン系の食べ歩き、よくよく見かけます。郷に従ってるわけですね~!)

坂を登ってお店の並ぶ大通りに出ると、まず通りの始めにパン屋さん。

IMG_6056.jpg

このお店は今年の夏頃に新しくオープンしてました。
この街では一番大きなパン屋。
テラス席もあるし、お店の奥にはカフェとして十分な広さのテーブル席があります。
ドリンクも種類が豊富なので、本当にベーカリー&カフェって感じです。

IMG_6058.jpg

300mほどある大通りの、中間くらいにあるパン屋さん。
立ちながら飲食ができる高さの、小さなテーブルと椅子がいくつかあります。
ドイツによくあるパターンのパン屋さんだと思います☆
数あるパン屋さんに置いてあるパンは、品揃えに差はあれど種類はそんなに変わり映えしません。
日本のパン屋さんだと、その店の看板商品のようなものがあると思いますが、あん~まりない、かなぁ。
どこでも自分の好きなパンが買える!ってことでもあると思います。

IMG_6060.jpg

大通りの端っこの、角にあるパン屋さん。
だいぶ引きで撮ったつもりですが、色々と見づらい写真になっておりました(*_*;
ここは一度も入ったことがないので、特筆すべき点がない。。。
ドリンクメニューもだいぶあるので、のんびり過ごせるパン屋さんぽいです。

ここを曲がると、毎度お世話になっている郵便局があります♪
けれど今日は用事がないので、大通りを渡り来た道を戻ることに。
大通りを渡ると、地下に下りるエスカレーターがあり、地下鉄の最寄り駅に出ます。
写真撮ればよかった~(>_<)

IMG_6061.jpg

駅正面のスーパーの中にあるパン屋さんです。
わたしの一番好きなお店です(*^^*)
ここはとっても種類が多く、おいしそう!と思う心惹かれるパンが必ず見つかります(笑)
心なしか、店員さんもみんな笑顔でとってもいい雰囲気のパン屋さんなのだ。

IMG_6063.jpg

わ~~~~~なんだかわくわくしますよね♫
壁際に陳列されている大きなパンが、ドイツでいういわゆる「パン」。
手前の普通サイズのパンは、「小さいパン」と呼ばれます。
わたしたちから見れば、どう考えても「大きいパン」と「パン」ですけどね。。(笑)

大体どこのパン屋さんでも、こんなふうに奥には大きなパンがたくさん並んでいます。
どうやって食べるの?って感じですが、まず店員さんには欲しい分だけ切ってもらえます。
おうちにパン切り機がある人は、塊のまま自宅でスライスするみたいですが、言えばスライスしてもらえそうです。

IMG_6064.jpg

また、パン屋さんではこんなふうにケーキやクッキーなども一緒に売られていることが多いです。
このお店では、たまにシュークリームも売っています(*‘∀‘)
箱には入れてもらえないので、持ち帰りがちょっと大変なんですけどね(笑)

IMG_6065.jpg

さらに、その隣にはサンドイッチ類。
これがめちゃくちゃおいしいのです。
わたしはドイツのサンドイッチ、超がつくほど好きです。
パンもさることながら、ハムとチーズが抜かりなくおいしいのですよ~~。

IMG_6066.jpg

それから、ホットスナック系もこちらのお店はかなり充実しています。
ピザの奥にお肉の塊が見えると思うのですが、お肉の種類を選ぶと1センチくらいにスライスして、軽く焼いてパンに挟んでくれます。

本日はふつうのパンを3つ買っておしまい。

ではでは大通りを折り返します。

IMG_6067.jpg

こちらは今年改装したパン屋さん。
前はもっと小さなお店で右手のカフェ席がなく、また珍しいセルフタイプのパン屋さんでした。
今はお店もだいぶ広くなり、セルフではなく対面式のパン屋さんになってました。

ただでさえこの通り沿いにパン屋さんがいっぱいあるのに、今年だけで大きな店舗が増えたり新装オープンしたりと、パン屋の需要のすごさに本気でビックリしました。

最後は、いつも行っているスーパーの中のパン屋さん。
でも、パン屋さんだけでなく、多くのスーパーには焼きたてパンコーナーがあります(*_*)

IMG_6068.jpg

これは品揃えとしてはとっても少ない方。。。
だけどお値段もお手頃で、お店に負けずにおいしい。
特にクロワッサンは本当に香ばしくて柔らかくモチモチで、非常においしいです!!
クロワッサンのおいしさを、ドイツで初めて知りました。

IMG_6069.jpg

スーパーの出口にもパン屋さん。
正午過ぎに買い物に行くと、休憩中の働くオジサマたちや、学校帰りの子供でここのパン屋さんもごった返します。
日本ではあまりないですが、会社のお昼ご飯にこういうパンを食べるのが普通みたい。
お弁当も、家から持っていくとしてもサンドイッチが多いんだそうな。。。

また、ドイツのパン屋さんのすごいところは、日曜日はレストラン以外のほとんどのお店が閉まっているにも関わらず、パン屋さんなら営業しているということ。
日本人は米好き!!と言うし、自分もそう思いながら毎日炊飯してますが、ドイツ人のパン好きには叶いっこねえや!って感じです(笑)

IMG_6071.jpg

さて、本日買ったパン。
こんな風に、紙袋に入れてくれます。
ちなみに、ケーキも紙皿に乗せフィルムをかぶせて、この袋に入れてくれます。(笑)。

IMG_607.jpg

Apfeltasche...アップルパイ
Rosinenbroetchen...レーズンパン
Berliner...ベルリーナー

このベルリーナー、揚げパンみたいな感じで、ドーナツが食べたい時に買います☆
見た目からして、いかにもあんこが入ってそうですが。。。
入っているのはジャム。それもたいがい、イチゴジャム。
ベルリーナーは、ドイツを代表するパンのうちのひとつだと思われます。
どこの店にも置いてある。。。ことが多い。

無性にパンが食べたくなるブログになってしまいました(笑)

クリスマスには特大ネタが待っておりますので、年内にもう一回、更新できたらな~と思います。

ご精読ありがとうございました
プロフィール

★あまがえる★

Author:★あまがえる★
2012年4月、歯科医院従業員とコンビニバイトの馬車馬生活から一転、ドイツで専業主婦に転職しました。
2016年6月、3人家族になってみんなで仲良く日本に帰国!
できない、話せないなりに発見したモノを、今とこれからをドイツで生活する誰かの役に立てたなら。。!そんな思いを込めて、全体公開させて頂くことにしました(*‘∀‘)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
あしあと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。