FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春が来た!

IMG_2406.jpg

今朝、ふと薄いピンクが視界をかすめて、窓の外をよく見たら桜が咲いていました♪

見下ろす桜もなかなかよろし。

そんなわけで、ようやっとドイツにも春到来です!!


しかし...秋をとばして冬が来たように、春も夏に追い越されている気がします(^_^;)

なにより、こないだの日曜は暑かった!!20℃を超えました。

さすがにもう冬物の心配はいらないねってことで、クローゼットを衣替え(^^)/

お互い、「確かに着ないけどでも、もったいなくて捨てるのも忍びない...」は、心を鬼にして思い切って捨てました(*_*)

結果、わたしがバッグ大2つ分、旦那さんがバッグ大1つ分の、いらない衣類の山になりました...。


終わるころには夕方だったので、夜ご飯調達もかねて処分に行きました。

IMG_2400.jpg

街なかにちらほらと置いてあるゴミコンテナに、不要な衣類や靴のリサイクルコンテナもあります。

ひとつはもう満杯でした(>_<)

2人で「大事に着られろよーう!」とコンテナに投入していると、別の人が車に大量の衣類を積んで処分しに来ました。

みんな、この天気に同じように衣替えしたんだな...むふふ。

それから、夜ご飯のケバブを買いに向かっていると、待ちのアイスカフェやさん大盛況!!(笑)

みんな外のテーブルで、わいわいがやがやアイスをぺろぺろ!もはや夏の光景!

う~ん気持ちいい楽しい季節がようやく訪れた♪

わが家もベランダで夜ご飯☆

IMG_2395.jpg

夜7時とか、そのくらいです。

暑すぎて麦わら帽子かぶりました...(笑)


でも、暗くなってからは涼しいので、どんなに暑い日でも寝苦しいとかはないんですよね。
ドイツのいいところだと思います☆


翌日は扇風機も出しました♪

ばらしてプロペラもカバーも洗って、ぴっかぴか!

エアコンが家庭にはない国なので、これが自宅で得られる唯一の涼なのです...

30℃超えても扇風機ですよ...

カラッとしてたって、30℃は30℃ですよ...と、思うわけです。むふー(*_*)

IMG_2398.jpg

ま!冬を越えて夏のありがたさや嬉しさもだいぶわかったので、去年以上に暑い季節を楽しもうと思います(^o^)/
スポンサーサイト

念願の...!

土曜日はおっきい家電やさんに行ってきました。

とりあえず、PC用のディスプレイをゲットf^_^;)

IMG_2376.jpg

パソコンが結構安くてびっくり。
でも、2年前に買ったばかり(涙)なのに買い換えるのもバカバカしいし、稼働自体に何の問題もないので予定通りディスプレイを購入。

サイズはよくわかんない(見れりゃいい)けど、110ユーロで買えました♪
修理だと4万くらいかかるっていうし、この価格で大きな画面で見れるようになったので上等でしょう☆

それから...ついにゲットしたアイテムがこちら(^O^)/

IMG_2355.jpg

ドイツメーカー、ベンタ社製の空気清浄器(加湿器)です☆

ニューカラーの白、ミュンヘンで見てからこっちで探しても全然なくて、ようやく!ようやく!
欲しいサイズと色で見つけました(T_T)

しかし、その甲斐あってか店員のおばちゃんに声をかけられ、謎の15%値引きをしてもらえました!(笑)
シーズンオフになるから?
ミュンヘンで見たときは230ユーロくらいだったけど、結果的に170ユーロほどで購入(*^_^*)
日本価格は49800円でした(*_*)

ただ、日本でも取り扱いがあるということは、帰国してからも使うのにかなり心強い!
(こちらで買った製品でも、電圧ももちろん対応)
清浄器に特化した信頼あるメーカーの、丈夫な製品ということで購入を決意。

でも、構造はいたってシンプル。

IMG_2356.jpg

中にお水とフィルターを入れて、上部のカバーをセットするだけ。

中のお水を加熱して、蒸気で加湿するタイプではなく気化式というタイプみたいです。
ファンで汚れた空気を取り込み、同時にお水を蒸発させることで加湿する仕組み。
自然な蒸発なので、だいたい湿度は50~60%に保たれるようで、お水の減りもその日の湿度によるらしい。

なによりも、蒸気が出ないのがいいです♪
結露もしないし!

IMG_2358.jpg

おおお~かわええ♡
シンプルで頑強そうなデザインがドイツっぽい(笑)

ボタンも、必要最低限!単純明快!

IMG_2360.jpg

使い心地はかなりいいです。お手入れ簡単だし♪
プラシーボ効果もあるかもしれませんが、空気がすっきりした気がして気持ちいいです(*^_^*)

長いつき合いになるであろうベンタくん。
よくぞわが家に来てくれた~嬉しい~。

今日も彼はせっせと呼吸してます☆

ミュンヘン旅行記~ダッハウ収容所~

すっかり更新が遅れてしまいました(>_<)
日曜から昨日まで、いわきから友人母娘がはるばる遊びに来てくれていました♪
晴れたのはたった一日、冬に逆戻りしたような寒さ。。。(T_T)
ドイツの春はまだ来ない((+_+))

さて、今回は前々回の続き。
ミュンヘン旅行二日目、ダッハウ収容所編です。

ダッハウ収容所は、ナチスの強制収容所の中で最も古い収容所で、ミュンヘンから15キロほど離れた街にあります。

IMG_2225.jpg

左に行くとインフォメーション。
音声ガイドが3.5ユーロで貸出されています。(日本語はナシ。。。)
この日も色んな国から観光客が訪れているようでした。

IMG_2228.jpg


"ARBEIT MACHT FREI" 労働は自由をもたらす
と記された、収容所の門。
ポーランドにある、アウシュビッツ強制収容所の門にも、同じ言葉が記されているそう。

IMG_2230.jpg

門を入ると、ただただ広い敷地...
右手には、当時の写真や物品、映像や文書などを多く展示した管理棟。
左手には、囚人としてたくさんの人たちが収容されていたバラックの跡地。
34棟あったうちの2棟が復元され、1棟は内部を見学できます。

この日は雪がちらつき、手がかじかむ辛い寒さで、より一層暗くもの悲しい雰囲気でした。

IMG_2233.jpg

管理棟には、当時のポスターや資料がかなり数多く展示されています。
それだけ、この収容所が収容所として重ねた歴史の長さと、受け止めがたい現実があまりにも多くあることを感じます。

収容所ができた当初は、政治犯や聖職者などがヨーロッパ全域から収容され、ユダヤ人がユダヤ人という理由だけで収容されるようになったのは、第二次世界大戦が始まってからのことだそうです。
20万人以上が収容され、そのうち3万人以上が命を奪われた収容所です。

IMG_2237.jpg

収容された人たち個人の所持品。
身分証に家族の写真、それに手紙など。

IMG_2239.jpg

各国の収容された人数が表されています。
ちょっと小さすぎて見えませんね...
1944年には、年間で8万人近くの人数が収容されました。


IMG_2255.jpg

シャワー室。最初に収容された人々は衣類をすべて脱ぎ、持ち物を取り上げられ、名前の代わりに囚人番号が発行され、そしてここで髪をそり消毒を浴び囚人服に着替えたそうです。

IMG_2250.jpg

シャワー室で使われた道具。

IMG_2253.jpg

宿舎であるバラックは1棟に200人が収容できるつくりになっていたそうですが、解放前には1600人もの人数が収容されていたようです。

IMG_2251.jpg

当時使われていた食器。

IMG_2254.jpg

こんなものも...チェスの駒です。
ささやかに娯楽もあったんですね。


IMG_2257.jpg

それから、図書室もあったようです。


IMG_2256.jpg

貸出されていた本。

IMG_2258.jpg


懲罰に使われた、木製の台と木の棒。
叩かれる人は、できるだけ大きな声を上げることで叩ききるのを免れたんだとか...

IMG_2265.jpg

管理棟を出て、バラックの方へ。
復元されたバラックの中を見学しました。

IMG_2267.jpg

囚人たちのベッド。
小さい!日本人の私から見ても、大人用には心もとない狭さ。

IMG_2271.jpg

そしてトイレ。
ベッドもそうですが...プライバシーも何もありません。

IMG_2272.jpg

バラック跡の続く道を歩いていきます。


IMG_2273.jpg

花が手向けられている棟の跡も....。
遺族の方たちなのでしょうか。
自分の父親、おじいちゃんがこの棟で囚人生活を送っていたなんて想像、つかないですよね...。

IMG_2274.jpg

道の先には、石造りのカトリックの教会です。
1960年に作られたもののようです。

IMG_2278.jpg

左の奥に見えるのが監視塔。
逃げようとする者が見つかった時には射殺されます。
そして、この収容所をぐるりと取り囲む有刺鉄線。
電流が流れたそうです。

写真には写っていませんが、この有刺鉄線の扉を通った先へ進んでいきます。

IMG_2284.jpg

火葬施設です。


IMG_2279.jpg

火葬が間に合わず、まとめて2人以上を収納し次から次へ焼いたようです。
展示してある写真は、さすがにカメラを向けられなかった(*_*)

IMG_2280.jpg



偽装シャワー室(ガス室)です。
シャワールーム、と書いてあります。

IMG_2282.jpg


上からガスが出てきたそうです。
そして、ここがさっきの火葬焼却炉の部屋と続いています。
ただ、ここで大量ガス殺をしたことはドイツは否定しており、その痕跡もないといわれています。

それでも、多くの囚人たちが命を落としたことに変わりはないんですね。

飢えで死ぬ者、殺される者、自殺した者、人体実験を受けた者...

目を背けず向き合う以前に、あまりにも凄惨すぎて本当にこんなことがあったの?ここで?
という気持ちばかりでした。
信じられないというより...想像を超えてしまっていて。



雪の寒さと、心の痛さに体中をジンジンとさせながら、わたしたちはとても静かなダッハウ収容所を後にしたのでした。




そして、そのあとすぐにバーガーキングで身も心も温まったのでした...おしまい。


プロフィール

★あまがえる★

Author:★あまがえる★
2012年4月、歯科医院従業員とコンビニバイトの馬車馬生活から一転、ドイツで専業主婦に転職しました。
2016年6月、3人家族になってみんなで仲良く日本に帰国!
できない、話せないなりに発見したモノを、今とこれからをドイツで生活する誰かの役に立てたなら。。!そんな思いを込めて、全体公開させて頂くことにしました(*‘∀‘)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
あしあと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。